M-1グランプリ2016の銀シャリのネタについて

銀シャリのネタがとても面白かったです。

録画していたので、銀シャリのネタだけを何度も見ました。

巻き戻して(笑)

自分が笑ったところを思い返してみると、ボケではなくて、ツッコミのところで笑っているなと気づきました。

銀シャリのネタを見て思い出したこと

ボケは、よくある感じだと思いました。

ツッコミが面白かったです。

ボケたところよりも、その後のツッコミの言葉で笑ってしまいました。

初めてフットボールアワーの漫才を見た時のことを思い出しました。

岩尾さんのボケも面白かったし、後藤さんのツッコミがさらに面白かった。フットボールアワーの漫才はボケで笑った後に、ツッコミでさらに笑うという状態です。

銀シャリの場合は、ボケを聞いて「ふーん」となって、ツッコミで笑う感じでした。

あ、ツッコミが面白いといえば、ブラックマヨネーズを思い出します。

小杉さんの場合は、ツッコミというよりもボケみたいなもんですけど。

銀シャリの橋本さんのツッコミは、その2人のいいとこ取りみたいな感じに思いました。

銀シャリのツッコミの面白さ

最終決勝戦のネタの入りで、「うんちくん」というボケのツッコミが最高でした。

そんなゆるキャラいないから、という自分で言ったツッコミの言葉から、「ゆるかったらそれはもう下痢」という連想で、ボケみたいなことになってました。

ゆるキャラ+うんちくん=下痢

相当面白かったです!

それと決勝に進むための最初のネタの時。

ネタの後半、どんどん盛り上がっていくところ。銀シャリの場合は、ツッコミの人が盛り上げていました。

「ファはファイトのファ」の音程のところ。

「ファはファーのファ」を、何度も何度も繰り返し歌い、すごく面白かったです。

ドレミファソラスドのところも。

ツッコミの人の言葉で、かなり笑わせてもらいました。

ボケ自体は、よくある発想です。それを、橋本さんのツッコミがそのボケを面白いものに変える。というか、ツッコミ自体がボケ以上に面白い。

だから、ツッコミの人が別の人だったら面白くなかっただろうなと思います。

2人が仲良しだから、こんなに面白いのかな。

橋本さんは、鰻さん相手だから、面白いツッコミができるのかな。

この先、優勝したわけだから銀シャリをいろんなテレビ番組で見られると思います。

コンビをシャッフルしてネタをする番組にも出るかもしれません。

その時にどうなるのか、見てみたい。

橋本さんは、誰相手でもあんな風に面白いツッコミが出来るのか知りたいです。

というか、ネタの中のツッコミだけ?

ネタだと、ツッコミの言葉をいろいろ練れますからね。

フリートークでは、どうだろう。

それも気になり始めました。

文字数: 1,082文字

所要時間: 30分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする