キーボードをかな入力に切り替えたら音声入力が上達する

かな入力を頑張っています。

キーボードの設定を、ローマ字入力から、かな入力に変更。

キーの位置を覚えるのが大変です。

ネットサーフィンをしていて、検索しようとした時の事。

キーワードを打ち込む時に、ついうっかりローマ字入力の方法でキーボードを打ってしまいました。

そうすると、意味のわからないひらがなの羅列が!

しかも、ひとつキーを押せば一文字出るので、恐ろしい事に。

意味不明なひらがなが、ぶわーっと出てくると、怖いものですよ。

頭の中は「?」でいっぱいに。一瞬驚きましたが、すぐに気がつきました。

そうだ。かな入力にしていたんだった。

かな入力とローマ字入力と音声入力

意味不明のひらがなを削除し、検索したい事を思い出して、かな入力で文字を入力しようとしました。

キーボードのキーを見て、打ちたい文字を探します。

かな入力である事を忘れて、ローマ字入力で文字を打った時とは全くスピードが違います。

さっきはあんなに早く打てたのに!

かな入力をしようとした途端、1文字を打つだけで大変です。

文字を探している間に、打ちたい言葉が何だったか分からなくなります。

それは冗談ですけど…と書きたいですけど、マジです。

キーを探しているうちに、忘れます。

忘れますし、やる気も失います。

検索する気を失います。

かな入力が起こした変化

じゃあ、ローマ字入力に戻せよって感じですよね。

ところが、ここでかな入力のいいところが!

私にとって、ですけどね。

検索をしたい時に、すぐにキーワードを打ち込めない。1文字1文字探さなくてはいけない。

かな入力がめんどくさい→そうだ、音声入力でキーワードを打ち込めばいい。私には、ドラゴンスピーチ11という相方がいたんだった!

こんな感じで、音声入力のやる気が上がったのです。

かな入力がめんどくさいから、音声入力をしようってなったのです!

そういえば思い出しました。音声入力がイライラしたのは、キーボードで打つ方が早いと思ったからです。

ローマ字入力だと手元を見なくても打てます。キーを探す事はありません。そんなに集中力も要りません。

音声入力は、慣れてなくてやりにくい。だから、キーボード入力(ローマ字入力)を使っていました。

ところが、かな入力の場合は正反対です。

手元を見なければなりません。いちいちキーを探さなくてはいけません。めちゃめちゃ集中します。

で、絶対に音声入力の方が早いです。

かな入力をする事より、絶対に、絶対に音声入力の方が早いです。

そして、絶対に音声入力の方が楽です。

これが、ローマ字入力だと話は変わってきます。

ローマ字入力の方が、音声入力より早いです。そして、楽です。

だから、買ったものの音声入力を使いませんでした。

このブログを作ったけれど、放置していた間、音声入力は使っていません。キーボードで、ローマ字入力で文字を打ってました。

キーボードの設定をかな入力に切り替えた事で変わりました。

まさか、かな入力にする事でこんな効果があったなんて!

予想してない事が起こるもんですね。

かな入力を上達させたかったけれど、どうやら、音声入力が上達しそうです。

これは参ったな。

文字数: 1,275文字

所要時間:40分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする